サムネイル映え必須!ワンクリックで被写体(人物)を切り抜く方法【Photoshop】

Photoshop

 

このブログではPhotoshopを使用して被写体(自分物だけ)を切り抜く方法について解説しています!

Photoshopでは簡単に人物を切り抜くことができます

被写体を切り抜いてデザインすることで、作品に奥行きが生まれ動きのあるデザインを生み出すことができますし、簡単に複数の写真を組み合わせて合成することも可能なのでぜひ挑戦してみてください♪

こんな時におすすめ❤︎

  • 人物が浮き出すサムネイルやポスターを作りたい!
  • 奥行きを演出してデザインに動きを出したい!
  • ワンランク上のプロ感が出るデザインをしたい!
  • 背景を入れ替えて合成したい!
スポンサーリンク

完成作品例

ワンクリック!たった30秒で被写体だけを切り抜く方法

 

切り抜き方法はいくつかありますが、これが1番簡単で単純な方法です!

まずは切り抜きたい写真素材を読み込みます

今回はこの写真を読み込んで被写体だけ切り抜いていきたいと思います

写真を選んだら早速切り取っていきます!

切り抜きたい写真を選択した状態で、上部にあるメニューバーから「選択範囲」を選択して→「被写体を選択」を選択

そうすると切り抜きたい人物の範囲が点線で囲まれた状態で表示されます

この状態になっていれば成功です^^

コピー&ペーストして被写体だけのレイヤーを作成する

点線で囲まれている状態のまま「Command⌘+C(コピー)」→「Command⌘+V(貼り付け)」
※Windowsの場合は「Ctrl+C」→「Ctrl+V」

そうするとレイヤー部分に被写体だけを切り抜いたレイヤーが表示されました!

元写真のレイヤーの横にある「目のマーク」のチェックを外すと被写体だけを表示することができます^^

これで被写体の切り抜きは完成です!

切り抜きが甘い時の対処法

切り抜きが甘いと感じた時は、ツールバーから消しゴムツールを選択して修正しましょう!

その時に必ず被写体のレイヤーを選択した状態で消しゴムツールを選択してください
選択しているレイヤーの部分だけを消しゴムツールで消してあげることができます^^

細かく修正したいときはこの部分をクリック

消しゴムツールの直径を変更することができるので、ざっくり修正したいときは直径を大きく、細かく修正したい場合は直径を小さくしてあげるとさらに細かく修正してあげることが可能です!

Photoshopを始めてみる

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました