稼ぐ動画編集者になるには効率化するべし!効率化するために絶対に必要なこと

動画編集

ブログをご覧いただきありがとうございます!

女性限定動画編集スクール講師のさゆき(@sayuki_design)です。

 

今回のテーマは効率化についてです!

 

稼ぐ動画編集者になるために大切なことのうちの1つは

時短!時短!時短!です!

つまり効率化ですよね。

 

時短を制するものは効率化を制する!効率化を制するものは動画編集を制します!

 

稼ぐ動画編集者になるためにはとても大切なことのなので、最後までご覧ください!

なぜ効率化が重要なのか?

動画編集は1本単価いくらという計算で収入を得ます。

例えば1本5,000円の依頼だったとして

編集に5時間かかれば時給は1,000円

編集が2時間でできれば同じ単価の案件だとしても、時給は2,500円になるということなんですよね。

そして10時間かかれば時給はどんどん下がって500円です・・・・。

 

動画編集で稼ごうと思ったら時給は必ず意識するべきです!

例えばあなたが副業として動画編集を始めるとして、1日のなかで取れる時間が2時間だとします。

2時間で編集ができるなら副業でも1日1本ペースで編集できますが、

10時間かかっていれば5日に1本くらいのペースになってしいますよね。

 

例えば1本単価5,000円の編集依頼で、月に10万円の収入を得たければ

月に20本は納品しないといけないですよね。

そうすると最低でも1〜2日で1本は納品する必要があります。

 

ではどうやって編集を効率よくこなし、稼ぐ動画編集者になることができるのか

3つのポイントからお話していきます。

上手くいっている人の真似をする

結局これが1番簡単な方法です。

動画編集がめちゃくちゃ早くて技術が素晴らしくて、動画編集依頼の数をこなしている人の行動をまずは徹底的に真似しましょう!

例えば、

  • ショートカットキーの設定
  • カラグレの方法
  • カットの方法
  • 文字起こし機能の使い方

などなど、あげるとキリがありませんが

自分と同じ方法をしているのか、それとも違う方法を取り入れているのか

まずはその人がどんな作業方法を取り入れているのか見て・聞いて・学んでそっくりそのまま実践するのが1番です!

 

たとえ自分自身の慣れ親しんだ方法があったとしても、

私は絶対に今までやっていたやり方を1回捨てて、自分より技術もスピードも上の人のやり方を採用するということを徹底しています。

 

ここで大切なのが、

頭で理解するだけじゃなくて、体感するところまで落とし込むということです。

 

どういうことかというと、私が教えてもらったことを実践していく中で

実際にその方法を使って編集作業をしたら後で訂正が必要になった時に、簡単に修正することができる

だったりとか、

このやり方だとここまでしか対応できないけど、その方法だとここまで対応できるんだ!

という感じで、今まで自分がやっていた方法よりも

トータルで見て時短や効率化につながるんだなと感じた経験がものすごく多いからです。

 

頭で「あ、こんな方法もあるんだな」って知識として持つだけではなく

実際にその方法を試して実践して、なんでその方法をその人が使っているのか体感するところまで落とし込むということを意識して欲しいなと思います!

自分の行動を全て数値化する

動画編集の作業を全て数値化していくことは、本当に効率化につながります。

私の運営している動画編集スクールでもよく生徒さんたちに

 

カットに何分かかったか、テロップに何分かかったのか、全ての作業をタイマーを使って、自分がどのくらい編集に時間をかけているのか測ってみてください!

と伝えています。

 

なぜこの「数値化する」ということが大切なのかというと、

動画編集のお仕事には必ず納期というものが設定されているので

その納期を逆算してどのくらいの時間や、作業ペースで取り組むことで

納期に間に合わせることが出来るのかだったりとか、

自分の理想とする収入を叶えることができるのかということを計算することができるからなんですよね。

 

計算することができると、そのために必要なスキルや、確保しなければならない時間というが明確になるので

自分の目標を達成するプロセスが明確になっていきます。

 

数値化すると自分に足りない部分を可視化することができるので、

新たな課題を見つけるためにもぜひ、この全ての行動を数値化するということを取り入れてみてください!

思い込みを捨てる

「思い込みって何?」と思う方もいるかもしれません。

 

これは私が最近経験したことなんですが、

私は元々1本の動画にだいたい5時間くらいの時間をかけて編集していました。

そこから上記の通り効率化を測っていって、1本3時間半くらいで編集ができるようになって自分にすごく満足していて、これ以上早くなることはないだろうなと勝手に決めつけてたんですよね。

 

1本3時間半で編集できるようになってすぐくらいに

私の所属するクリエイターチームで「効率化」の話題になって、

そこで1番早く編集する人は1本2時間で編集を終えると聞いて、正直衝撃を受けました。

私は1本3時間半が限界だと思っていたのに、2時間?!

そんなに早く編集することができる人がいるんだ!って知って

私の中の編集には3時間以上はかかって当たり前という思い込みが一気に外れた瞬間でもありました。

 

次の日に来た依頼をちゃんと時間を測って集中して取り組もう!と思って編集した結果、

なんと1本1時間50分で編集することができたんですよね(負けず嫌い。笑)

 

なので自分の思い込みを外して、自分より上のスキルを持つ人のベースに自分を合わせていくということが大事だなとすごく感じました。

この1本2時間という話を聞いて、

「自分には無理」って思う人もいると思います。

それが正にあなたの「思い込み」なんです。

この思い込みは是非外してもらって、編集時間をどんどん短縮して稼げる編集者へと成長していって欲しいなと思います!

結局は学び続けるということが大事

効率化をするための3つの方法をお伝えしましたが、

結局は学び続ける、改善し続ける、技術を磨き続けるということが大事です。

今の自分のスキルに満足してしまっていては絶対に成長はありません!

稼ぐ動画編集者になるために、是非今の現状で満足せず、スキルアップを続けていって欲しいなと思います

タイトルとURLをコピーしました